軽井沢の歴史と共に歩んできたホテル

軽井沢のザ・クラシックホテル「万平ホテル」。


実はもともと中山道・軽井沢宿の旅籠だったことはご存知でしょうか・・・? #1764年に佐藤万右衛門が開業した旅籠亀屋


明治期に旅籠から西洋風ホテルに改装した「万平ホテル」が、

どのように西洋の食を取り入れていったのか?

今も残る伝統の味がいかにしてできあがったのか?

西川支配人にお話を伺ってきました。


その様子は4月20日の『軽井沢の歩き方・食文化編 第1回』で放映します。どうぞお楽しみに~


★4月20日開催『軽井沢の歩き方・食文化編 第一回/軽井沢の食文化のルーツ ~西洋人がもたらした食と農~』のお申込みはこちらから↓↓↓ https://www.karuizawa-travel.com/arukikata




6回の閲覧0件のコメント