軽井沢のパン屋の歴史はここから・・・

浅野屋、フランスベーカリー、沢村などなど、軽井沢と言えば美味しいパン屋が多いイメージがありますよね!?


さて、ではなぜ軽井沢にこれほどパン屋が多いのでしょうか・・・?


その答えは、軽井沢のパン屋の元祖「山屋」にあります。


創業者の袖山萬蔵は宣教師チャッペルに学び、明治28年に軽井沢駅前で信州初のパン屋を創業。 #軽井沢だけでなく信州で最初のパン屋さん


明治から外国人宣教師の避暑地として発展してきた軽井沢は、国内でも先駆けて洋風の食文化が根付き、訪れる外国人達の舌を満足させるため、各店舗が切磋琢磨してきました。


今回は今も軽井沢駅前で営業を続ける「山屋」さんにお邪魔し、4代目の袖山さんに山屋の歴史と伝統の味について伺ってきました。


その様子は4月20日開催『軽井沢の歩き方・食文化編 第1回』で放映しますので、どうぞお楽しみに~!


★4月20日開催『軽井沢の歩き方・食文化編 第一回/軽井沢の食文化のルーツ ~西洋人がもたらした食と農~』のお申込みはこちらから↓↓↓ https://www.karuizawa-travel.com/arukikata




4回の閲覧0件のコメント