vig108_post_01.jpg

軽井沢ヴィネット編集長 広川美愛さんがご案内!

軽井沢の歩き方 食文化編

4月20日(火) 第1回『軽井沢の食文化のルーツ』開催終了

7月13日(火) 第2回『著名人が愛した軽井沢グルメ』

10月19日(火)第3回『なぜ軽井沢は美食の街になったのか』

 創刊から40年以上、軽井沢別荘族のバイブル的雑誌『軽井沢ヴィネット』編集長・広川美愛さんが、テーマに沿って知られざる軽井沢の魅力をご案内します。

 延べ110名余の方が参加され、好評いただいた『軽井沢の歩き方・歴史編(2020年開催)』に引き続き、2021年は『軽井沢の歩き方・食文化編』を3回に渡ってお届けします。

102721426_578100219568364_14241391299018

軽井沢ヴィネット編集長 広川 美愛(ひろかわ みまな)さん

軽井沢出身。軽井沢専門誌『軽井沢ヴィネット』編集長、『軽井沢地図とお店』編集長。テレビ番組「マツコの知らない世界」「ヒルナンデス」などにも出演。共著に『History of Karuizawa』(軽井沢新聞社)

104426545_708719253292920_27972552152664

創刊42年目となる軽井沢に特化した雑誌。軽井沢ライフをテーマに、著名人インタビューや別荘訪問、歴史、文化、自然、ショップ情報など多岐にわたり掲載。軽井沢別荘族のバイブル的雑誌。

​企画の目的と想い

『軽井沢と聞いて何を思い浮かべますか?』

 別荘地・・?避暑地・・?混んでそうな観光地・・・?軽井沢は明治時代に宣教師達が見出し、別荘地として発展してきましたが、今や年間870万人が訪れる一大観光地でもあります。しかしながら訪れる方の半数以上は日帰り滞在、最盛期の夏やGWは大渋滞し、オーバーツーリズムの状況です。本来、別荘地=滞在型リゾートである軽井沢が一過性の消費型観光地になってきていないか?ここ数年、軽井沢の観光に携わる者として感じてきたことです。

 そして今回の新型コロナウィルス。コロナ禍の中、旅行社として今できることは何か・・・・?

移動が制限され、旅行が当たり前にできない今だからこそ、自分たちの住む地域を見つめ直し、文化風土を学び、共有するいい機会だと思いました。

 軽井沢ヴィネット編集長の広川さんは軽井沢で生まれ育ち、軽井沢の変遷を最前線で取材してきた方。『軽井沢の歩き方』はそんな広川さんの軽井沢話を生で聞けるすごく貴重な機会なんです。

 参加方式は選択(投げ銭)方式ですので、どうぞこの企画に対して感じられる価値や、状況に応じてお気軽にご参加下さい。

 地域の文化風土を学び、軽井沢の魅力を再発見する機会になれば嬉しいです。

​軽井沢トラベル&コンサルティング 河野 岳

​『軽井沢の歩き方・食文化編』のポイント

広川さんがスライドや映像を使い「軽井沢の食文化」をテーマに「軽井沢の歩き方」をレクチャーします。参加方法はオンラインの他、配信会場の軽井沢書店カフェスペースでの現地参加も可能です。

参加者にはご紹介したテーマごとの「軽井沢の歩き方マップ」をプレゼント。レクチャーで学んだ後はマップを片手にゆかりの地を訪ねてみましょう!参加者限定のスピンオフ企画「軽井沢ツアー*」も開催します。

​*新型コロナウィルスの状況によっては催行中止、又はオンライン開催になる場合もございます。

全3回のセミナーに参加の上、各回のテーマに沿った作文を提出していただいた方には『軽井沢の歩き方 マイスター』の免状を軽井沢新聞社より贈呈​します。さらに軽井沢新聞にお名前を掲載(希望者のみ)させて頂きます。

セミナー当日ご都合が悪い方も開催後オンライン(YouTube)で録画データを視聴できます。

軽井沢の歩き方・食文化編 プレリュード

vig108_post_01.jpg

日時  3月16日(火)19:00~20:00  ⇒ 開催終了しました

場所  軽井沢書店カフェスペース 又は オンライン(Zoom/YouTube)

​*軽井沢書店 所在地: 軽井沢町軽井沢1323 

​*講演の様子をオンライン(Zoom/YouTube)で同時中継します。

参加費 無料

内容 

軽井沢新聞・前編集長の広川小夜子さんをゲストにお招きし、軽井沢の食文化についてお話しいただく他、4月から全3回に渡って開催する『軽井沢の歩き方・食文化編」の見どころやポイントをご案内します。

・軽井沢の食文化とは​(スペシャルゲスト:軽井沢新聞 前編集長 広川小夜子さん)

・軽井沢の歩き方・食文化編の見どころ

・質疑応答

登壇者:軽井沢ヴィネット編集長 広川 美愛さん

モデレーター:軽井沢トラベル&コンサルティング 河野 岳

9FNMf4Dj_400x400.png

スペシャルゲスト:​軽井沢新聞 前編集長 広川 小夜子さん

軽井沢に暮らして45年。この間、町民、観光客、別荘民やホテル、レストランなど取材をを通して、幅広く軽井沢を研究。特に別荘取材は著名人も含め500軒以上。

お申込み 受付は終了いたしました。当日の録画動画(全編)を以下のYouTubeでご覧いただけます。

オリエンテーション

【軽井沢の歩き方・食文化編 第1回】

『軽井沢の食文化のルーツ~西洋人がもたらした食と農~』​

ショーハウス記念館内部①.jpg

日時  4月20日(火)19:00~20:30 ⇒ 開催終了しました

場所  軽井沢書店カフェスペース 又は オンライン(Zoom/YouTube)

​*軽井沢書店 所在地: 軽井沢町軽井沢1323 

​*セミナーの様子をオンライン(Zoom/YouTube)で同時中継します。

参加費 選択方式

​*500円~、当企画に対して感じられる価値や状況によりご選択ください。

お申込み 受付終了しました。下記よりダイジェスト動画をご覧いただけます。

内容 

明治時代、西洋人が避暑に訪れるようになり、別荘地としての歴史が始まった軽井沢。当時、居留地だった横浜や神戸のように、日本でいち早く西洋文化が広まりました。その最たるものが食文化。パンの作り方や西洋野菜の栽培方法が地元の人々に伝えられ、酪農なども行われました。歴史と共に育まれてきた軽井沢の食文化のルーツをご案内します。

登壇者:軽井沢ヴィネット編集長 広川 美愛さん

モデレーター:軽井沢トラベル&コンサルティング 河野 岳

IMG_1851_edited.jpg

スペシャルゲスト:​沢屋 代表取締役 古越 道夫さん

軽井沢に避暑に来た宣教師や作家、政財界の要人などの別荘に新鮮な野菜や果物を納めていた青果商からスタートした沢屋の2代目社長。幼少期より井沢の食文化に触れてきた逸話をお話しいただきます。

参加者にはもれなく各回のテーマに沿った「軽井沢の歩き方マップ」をプレゼント。セミナー後はゆかりの地を実際に訪ねてみましょう!

※「軽井沢の歩き方マップ」はPDFでメールにてお送りします。

軽井沢の歩き方MAP(歴史・マイスター編).jpg

全3回のセミナーに参加の上、各回のテーマに沿った作文を提出していただいた方には『軽井沢の歩き方 マイスター』の免状を軽井沢新聞社より贈呈​の上、軽井沢新聞にお名前を掲載させて頂きます。

160627963_462368544815273_36599348395558

セミナー後は軽井沢へ Let's go !!

​セミナーに参加したら「軽井沢の歩き方マップ」を片手にゆかりの地を訪ねたり、スピンオフ企画の「軽井沢ツアー」に参加して実際に軽井沢を歩いてみましょう!

セミナー参加者限定!軽井沢ツアー 開催概要

ショー通り.jpg

第1回 6月23日/27日 『~軽井沢の食文化のルーツを訪ねる~ 旧軽井沢グルメさんぽ』⇒ 参加募集中!

第2回 9月上旬 『A.C.ショーが食した明治期の軽井沢ランチ』

第3回 11月下旬 『1日限りの軽井沢美食会』

​※上記は内容は予定です。参加人数限定のツアー(有料)となります。

※新型コロナウィルスの状況によっては開催中止又はオンラインでの開催になる場合もございます。

旧軽井沢グルメさんぽ(6月23日、27日).jpg

 6月23日/27日

『~軽井沢の食文化のルーツを訪ねる~ 旧軽井沢グルメさんぽ』

申込みフォーム 

『軽井沢の歩き方・食文化編』第2回以降の開催予定

第2回『著名人が愛した軽井沢グルメ ~美味しい秘話を交えて~』

日時:7月13日(火)19:00~20:30

​内容:芥川龍之介と室生犀星が通ったカフェ、横溝正史の愛したコーヒー、あの文学者を虜にしたチョコレートケーキ、内田康夫が好んだ喫茶店のカレーなど、軽井沢ゆかりの著名人や文化人が愛したグルメやお店を、おいしい秘話を交えてお届けします。

第3回『なぜ軽井沢は美食の街になったのか ~美食リゾートの立役者たち~』

日時:10月19日(火)19:00~20:30

内容:人口わずか2万人のこの街には300軒近い飲食店があります。いわゆる全国チェーン店やファミリーレストランよりも、オーナーシェフが腕を奮うレストランが多く、世界の料理コンテストなどで腕を競うシェフも活躍する美食の街。その秘密と最新情報をご紹介します。  

​よくある質問

​Q. 『軽井沢の歩き方』って・・・?

A. 軽井沢ヴィネット編集長・広川美愛さんがスライドや動画をお見せしながら、テーマに沿った軽井沢の文化風土をレクチャーします。2021年のテーマは『軽井沢の食文化』。参加は軽井沢書店カフェスペースでの現地参加の他、同時中継するオンライン(Zoom又はYouTube)での参加も可能です。2020年開催した「軽井沢の歩き方・歴史編」のダイジェスト動画もアップしていますので、ご覧になってみて下さい。

​Q.どのような方が参加対象ですか?

​A. 軽井沢に興味がある方、軽井沢のことをもっと知ってみたいという方ならどなたでも参加いただけます。オンラインでも参加できますので、スマホやパソコンで全国どこからでもご参加いただけます。

​Q.参加は何名でも可能ですか?

​A.  オンライン参加の場合はオンライン環境のあるパソコンやスマホ、タブレットでお繋ぎ頂ければ、複数人で1画面を共有してご参加いただけます。軽井沢書店での現地参加も複数人でご参加いただけますが、先着20名様となります。

​Q.当日、開催時間に参加(視聴)できるか分かりません

​A.  お申し込み頂いた方にはセミナー後、限定公開のURLをお送りします。オンライン(YouTube)で録画データを開催後2週間、何度でも視聴可能です。

​Q.全3回のセミナーのうち、1回だけでも参加できますか?

​A.  各回独立した内容となっていますので、1回だけでもご参加いただけます。全3回のセミナーに参加して、テーマに沿った作文をご提出頂いた方には軽井沢新聞社より『軽井沢の歩き方マイスター』の免状を贈呈いたします。軽井沢新聞にもお名前を掲載(希望者のみ)させていただきますので、是非楽しみながらマイスターを目指して下さいね。

​Q.申し込みの流れは?

​A. オンラインフォームからお申し込み下さい。当日ご都合が悪い方は録画データをお送りしますので後日視聴も可能です。

​Q.参加費の投げ銭方式とは?

​A.  相互扶助(社会・組織の構成員同士が互いに助け合うこと)の考えをもとに投げ銭方式をとらせて頂きました。当企画に対して感じる価値は人それぞれだと思います。どうぞ皆さまのご興味や状況に応じてお申し込み下さい。『軽井沢の歩き方』は来年以降も違うテーマで続けていく予定ですので、投げ銭は今後の企画に適用させていただきます。

​過去開催の企画

『軽井沢の歩き方・歴史編』(2020年 全3回開催)

下記の画像をクリックするとダイジェスト動画がご覧いただけます。

『軽井沢の歩き方 歴史・アマチュア編』ダイジェスト

2020年7月17日開催

『軽井沢の歩き方 歴史・ジモティー編』ダイジェスト

2020年8月21日開催

『軽井沢の歩き方 歴史・マイスター編』ダイジェスト

2020年9月25日開催

『軽井沢の歩き方・歴史編』参加者の声

2020年開催の『軽井沢の歩き方・歴史編』(全3回)には、延べ110名余の方にご参加いただきました。以下は『歴史編」に参加された方のアンケートの抜粋になります。

軽井沢の歴史を深く知ることができました。軽井沢に滞在中は忙しく軽井沢に深く触れることが出来なかったのでとても勉強になり軽井沢を今まで以上に好きになりました。ありがとうございました。

ライブで臨場感があったのと、動画での紹介が分かりやすくて良かった。

軽井沢について知るきっかけになりました。このような状況での新しい観光の形として体験でき、とても良い経験になりました。ありがとうございました。

とても楽しいzoom観光でした。 旅行の代替えとしてでは無く、新しい観光としてこれからもっとより良くなる様な新しいコンテンツとしての楽しみを見つけていければと思います。 

コロナの影響で軽井沢に行けなかったので少しでも軽井沢の雰囲気が味わえました。地元民にしか知らない絶品グルメツアーみたいな企画があったら母とふたりで是非参加したいです。​​

現地でのレポートが実際にその場にいるようで素晴らしかったです。時間があっという間に過ぎてしまうくらい、興味深く勉強になりました!

町内のお店やスポットなどが解説付きの映像で紹介されて、とてもわかりやすかったです。 それから、後からでもすべての動画が見られる事も、復習にもなって嬉しかったです。オンラインテストより実際に現地に行って写真を撮る事を勧めてくれることで、軽井沢の良さを体験出来るようにする企画が素敵だと思いました。

ガイドブックなどでは知ることができない奥深い内容がとても魅力的でとても贅沢で楽しい企画でした。コロナで伺うことが叶わない時期もこの時代ならではのツールで楽しませていただけたことはなんと嬉しく感動的だったことか。奥深い軽井沢、新しい発見、視聴後のお楽しみまで。次々と素敵な企画を繰り出してくださる皆さんに驚きと感謝です。ありがとうございました。

広川さんでないと語れない歴史や逸話を、実際の映像と共に見ることで理解が深まりました。

お問い合わせ

主催

軽井沢トラベル&コンサルティング

長野県知事登録旅行業3-592 

〒389-0115長野県軽井沢町追分1110-13

Tel: 050-5866-6125  Fax: 026-403-2125

KTC_logo_BritishGreen_rgb_001.png

​協力

軽井沢新聞社

 

SakamotoVideo&Photography Office

106109335_270872830655126_19071231562530