About

Message

メッセージ
20210225-26_edited.jpg

代表  河野 岳 こうの がく

1976年東京生まれ。芝中学校・高校卒業、慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)総合政策学部卒業後、フランスへ留学。アンジェ・西カトリック大学留学後、旅行業へ。フランス系旅行代理店、地球の歩き方T&E、フランスのオーベルジュチェーンのセールスPRを経て2009年軽井沢に移住。軽井沢のオーベルジュの運営、新店舗立ち上げに7年間携わった後、2017年軽井沢初の着地型旅行会社「軽井沢トラベル&コンサルティング」を起業。軽井沢を訪れる国内外の観光客・法人企業、ワーカーに軽井沢広域圏のツーリズム、ワーケーションプランなどを企画提案している。全国旅行業協会(ANTA)会員、軽井沢観光協会会員、軽井沢町商工会会員、軽井沢リゾートテレワーク協会会員、総合旅行業務取扱管理者、旅程管理主任者、信州おもてなしマイスター、「ウエルラボ軽井沢」運営統括ディレクター、軽井沢ガストロノミーツーリズム主宰、J.S.Aソムリエ。

  東京生まれ東京育ちの私が「なぜ軽井沢に移住したのか」、そのルーツはフランスでの滞在経験につながります。元来、旅好きだった私は学生時代から、暇とお金さえあれば国内外を旅して周っていました。

 

 フランス語を履修していたこともあり、大学卒業後、語学とツーリズムの勉強のため、フランスの田舎町アンジェへ。

 

 フランス人は「人生を楽しむ達人」とよく言われますが、滞在中目の当たりにしたのは、まさに地域に誇りを持ち、それを継承し、自分達のライフスタイルを生き生きと謳歌する人々でした。

 その文化風土に惹かれて世界中から多くの旅人が、首都パリだけでなく、日本人からすると何の観光スポットもないような田舎町まで、今も年間8000万人以上の旅人が訪れています。

 帰国後、旅行業に従事し、日本津々浦々、巡りながら感じたことは、多くの地方都市が戦後、右へ習えで開発され、どこも同じような風景、画一的な観光地になってしまっているということでした。

 ​

 そのような中、出会った軽井沢の光景は、他の観光地とは違うものでした。豊かな自然があふれ、森の中にひっそりと佇むような街並み、画一的な大型ホテルや旅館はなく、かつて宣教師が保養地として世界に知らしめた風土が今も残っていました。

 軽井沢はわずか人口2万足らずの小さな町ですが、この地に魅せられた多くの文化人、芸術家などが移り住んでいます。この小さな町に集った人々が活き活きと生活する、そのライフスタイルそのものが、軽井沢を日本を代表する保養地、かつ観光地たらしめている要因ではないでしょうか。

 

 それはまさに世界一の観光大国フランスで見た、地域に根差した「観光」そのものです。

 「非日常」ではない「異日常」に触れることのできる軽井沢。「旅づくりは街づくり、街づくりは人づくり」をミッションとして、「旅」を通して、持続可能な地域の発展と人々の幸せ、そして日本創生へ貢献していきたいと思います。 

Business Summary

事業概要

屋号

軽井沢トラベル&コンサルティング

代表者

河野 岳

住所

​長野県軽井沢町追分1110-13

​電話

050-5866-6125

FAX

​026-403-2125

​旅行業登録

長野県知事登録旅行業 第3-592

​加盟団体

​全国旅行業協会 正会員

軽井沢観光協会 正会員

​軽井沢町商工会 会員

​軽井沢リゾートテレワーク協会

​本社:

軽井沢駅前サテライトオフィス:

​長野県軽井沢町軽井沢東31-15センチュリーフォレスト軽井沢2階

取引銀行

八十二銀行 軽井沢支店